top of page

【報告】ALSA主催8月英語講演会(LTE) (「長野県 地域発元気づくり支援金」活用事業)

日 時:2017年8月4日(金)19:00~20:15

場 所:Mウイング4-4

講 師:周明子さん ブリガムヤング大学4年

題 目:Japanese Americans in Utah

参加者:会員8名、一般9名 計17名

市民タイムスの研修生として3か月間日本に滞在し新聞のコラムも書かれている周先生にユタの歴史やユタに住む日系人の戦争当時の生活ぶりを実際のインタビューを織り込みながらお話ししていただきました。歴史的に見るとユタ州に住む日本人は1900年では417名であったが1990年には6500名と増加してきており、1914年ユタ日報発刊、1919年には日本語学校が出来、日本人町もできたそうですが、今は同化が進み解体された。当初は鉄道作業員や農業で生計を立てていたそうです。ただ太平洋戦争の時には日系人は多くの差別を受け、例えばある女性は学校に行くと、お前は敵の顔をしていると先生から言われたり、また強制収容所に入れられたりと大変ご苦労されたようです。ただ、戦争当時2-3歳の子供だった人は差別された記憶はないとか、中にはRaymond Uno さんのように州裁判所の裁判官になり、JACL(Japanese American Citizen League)会長になるほどの名士になった方もおられたようです。後半はこのような日系人の歴史をどう考えるか? 松本で何かできることはあるのか?など、3~4名のグループに分かれてディスカッションをしたり、多くの方から質問があったりと、盛況な講演会でした。

閲覧数:36回0件のコメント

関連記事

外国語ボランティアガイド募集

NPO法人アルプス善意通訳協会では2022年度外国語ボランティアガイド会員を募集します。主に松本城を訪れる海外からのお客様を外国語(主に英語)で案内をするボランティア団体です。 現在は英語の他にフランス語、スペイン語、中国語、イタリア語、ポルトガル語のメンバーがいます。入会を希望される方は下記ページの申し込みフォームに必要事項を入力してください。 https://www.npo-alsa.com/

耳寄りなお話(Tantalizing Tidbit) 23「お歯黒と武士の化粧」

四方を海に囲まれた島国の日本は古代から文化の進んだ中国や朝鮮半島との人や物の交流を通して文字、政治の仕組み、法律宗教、衣服、生活様式等、諸々の物を取捨選択しながら吸収してきました。化粧品製法や化粧法も最初は大陸経由でもたらされたと考えられていますが、平安中期になってその化粧法が日本独特の化粧へと変化していきました。その背景には藤原一族の摂関政治が確立して国政が安定し、日本独自の文化が育まれる土壌が

bottom of page