top of page

年頭のご挨拶

明けましておめでとうございます。今年も皆様方にとりまして健康で充実した良い一年となりますようお祈り申し上げます。  平成元号使用も残り4か月となりました。外国人のガイドをするALSAにとっては西暦が便利ではありますが、新元号はやはり気になるところです。  昨年の大きな喜びは「元気づくり支援金」をいただいての活動が評価され、思いがけず県知事賞という栄誉に輝いたことです。 担当した事業企画委員の皆様、支援をしてくださった会員の皆様方の力を合わせた努力が実を結びました。  多言語化の充実に伴い、熱心に取り組んでいる会員がその言語が母語の国からの観光客にガイド可能となった時の喜んでいる姿がとても印象的でした。また、「街中飲食店」への英語での対応集や個別英文翻訳も好評のうちに配布できたこと、研修講座・講演会の充実、LTEの開催など、全てが知事賞へと導いてくれたことは言うまでもありません。支援金を頂いての活動の総合力が評価されたということでしょう。昨年の年頭の挨拶で「恩恵を頂いたその「元気づくり支援金」が、3年の満期を迎え、3月末をもって終了することは非常に残念です」と書いたのですが、今回は「ご支援心より感謝申し上げます」と追記したいと思います。  昨年はマスコミからの取材も多く、ALSAに対する世間の関心度が高いことを実感した年でもありました。元旦の市民タイムスの記事「新時代晴れやかに」で松本城の写真が大きく掲載されていたのを目にした会員も多いと思いますが、松本城の存在に息吹をもたらしている献身的な支え団体の一つとしてALSAの名前があったこともその表れでしょう。うれしいものですね。  「喜びを分かちあって総合力を高める」、今年も、そしていつまでもそんなALSAであることを念じて、これまでと変わらずのご協力をよろしくお願い申し上げます。

閲覧数:125回0件のコメント

関連記事

外国語ボランティアガイド募集

NPO法人アルプス善意通訳協会では2022年度外国語ボランティアガイド会員を募集します。主に松本城を訪れる海外からのお客様を外国語(主に英語)で案内をするボランティア団体です。 現在は英語の他にフランス語、スペイン語、中国語、イタリア語、ポルトガル語のメンバーがいます。入会を希望される方は下記ページの申し込みフォームに必要事項を入力してください。 https://www.npo-alsa.com/

耳寄りなお話(Tantalizing Tidbit) 23「お歯黒と武士の化粧」

四方を海に囲まれた島国の日本は古代から文化の進んだ中国や朝鮮半島との人や物の交流を通して文字、政治の仕組み、法律宗教、衣服、生活様式等、諸々の物を取捨選択しながら吸収してきました。化粧品製法や化粧法も最初は大陸経由でもたらされたと考えられていますが、平安中期になってその化粧法が日本独特の化粧へと変化していきました。その背景には藤原一族の摂関政治が確立して国政が安定し、日本独自の文化が育まれる土壌が

bottom of page