top of page

【報告】ALSA主催の英語講演会(LTE:Listen & Talk in English)7月


日時: 7月17日(水)午後7時~午後8時15分 場所: 松本市Mウイング 4-4 講師: Kevin SMITH さん 演題: アメリカと日本の学校の違い  出席: 18名(会員14、一般4、学生0)  スミスさんには3人のお子様がいます。アメリカと日本での出産・保育、また山辺小学校での教育を親として経験し、高校・大学についてはアメリカでは学生として日本では教育者として見てきています。  日本での子育てを通して日本での子育て支援・保育、初等教育はアメリカよりあたたかく手厚いと感じています。しかし、高等教育となると、日本では覚える・習うのみになってしまっているのに対し、アメリカでは練習する・自身で考えることが重要になっているとのことでした。今後の日本の教育について考えさせられました。 しかし、アメリカの大学4年間の有名? 私立のコストはなんと30万ドル(約3,210万円)、親はどのように工面しているのか、あるいは教育ローンはどのように返済していくのか気になりました。

閲覧数:24回0件のコメント

関連記事

外国語ボランティアガイド募集

NPO法人アルプス善意通訳協会では2022年度外国語ボランティアガイド会員を募集します。主に松本城を訪れる海外からのお客様を外国語(主に英語)で案内をするボランティア団体です。 現在は英語の他にフランス語、スペイン語、中国語、イタリア語、ポルトガル語のメンバーがいます。入会を希望される方は下記ページの申し込みフォームに必要事項を入力してください。 https://www.npo-alsa.com/

耳寄りなお話(Tantalizing Tidbit) 23「お歯黒と武士の化粧」

四方を海に囲まれた島国の日本は古代から文化の進んだ中国や朝鮮半島との人や物の交流を通して文字、政治の仕組み、法律宗教、衣服、生活様式等、諸々の物を取捨選択しながら吸収してきました。化粧品製法や化粧法も最初は大陸経由でもたらされたと考えられていますが、平安中期になってその化粧法が日本独特の化粧へと変化していきました。その背景には藤原一族の摂関政治が確立して国政が安定し、日本独自の文化が育まれる土壌が

bottom of page