top of page

【報告】ALSA主催の英語講演会(LTE:Listen & Talk in English)9月


日時: 9月12日(木)午後7時~午後8時15分 場所: 松本市Mウィング 4-4 講師: Stephen SANGUINETTI さん 演題: 豊かに多様性に満ちた日本食文化  出席: 21名(会員14、一般6、学生1)

スティーブンさんの住んでいた米国マサチューセッツ州・ニューベッドフォードは、ポルトガル出身者の多い地区で、ポルトガル生まれの母方の親族の家では毎週ホームパーティーが開かれていたそうです。そこで、ご家族手作りのポルトガル料理を楽しんでいました。大家族で、長兄はシェフ、彼の夢もシェフになることだったとのこと。そんなことから、料理についての関心も深く、日本に来て約10年の経験から、日本料理についての特徴を味・季節感・素材・調理法・料理人の接客法や修行などを通してお話していただきました。日本では伝統・完璧を重視するのに比べ、アメリカでは“something new”といって、いつも新しい物を追求するということに重きをおくと解説し、それぞれの料理の良さを若い感性でとらえていました。    (文:村山、写真:矢内)

閲覧数:20回0件のコメント

関連記事

外国語ボランティアガイド募集

NPO法人アルプス善意通訳協会では2022年度外国語ボランティアガイド会員を募集します。主に松本城を訪れる海外からのお客様を外国語(主に英語)で案内をするボランティア団体です。 現在は英語の他にフランス語、スペイン語、中国語、イタリア語、ポルトガル語のメンバーがいます。入会を希望される方は下記ページの申し込みフォームに必要事項を入力してください。 https://www.npo-alsa.com/

耳寄りなお話(Tantalizing Tidbit) 23「お歯黒と武士の化粧」

四方を海に囲まれた島国の日本は古代から文化の進んだ中国や朝鮮半島との人や物の交流を通して文字、政治の仕組み、法律宗教、衣服、生活様式等、諸々の物を取捨選択しながら吸収してきました。化粧品製法や化粧法も最初は大陸経由でもたらされたと考えられていますが、平安中期になってその化粧法が日本独特の化粧へと変化していきました。その背景には藤原一族の摂関政治が確立して国政が安定し、日本独自の文化が育まれる土壌が

bottom of page