top of page

耳寄りなお話(Tantalizing Tidbit) 8

城下町には敵の侵入を防ぐため道路の形態に様々な工夫がなされているのはご存知の通りです。「T字路」(「てぃーじろ」)はその一つ。かつては「丁字路」と書かれ「ていじろ」と発音していました。最近はすっかり「丁字路」を見かけなくなりましたが理由は簡単。街にアルファベットがあふれ、Tシャツ、TバックのようにTの字を見ることが多くなり、漢字の丁に発音も形も似ているTに置き代わってしまったからです。英語ではT-junctionと言い、三差路の一つです。Y字型になっている三差路もあり、Y-junctionと言いますが、 three-way junction、またはthree-forked roadなどとも言います。 「鈎の手」も防御のための工夫ですね。ここでは直角に2回曲がらなければならないので速度が遅くなり、敵を待ち受ける側にとっては防御が容易になります。 英語ではright-angled roadと言います。 道路を直交させないでわざとずらして交差させた道路は「食い違い」です。敵の視界を妨げるための工夫です。英語ではoffset intersectionといいます。 それではquestion。沢山の道路に分岐している道路は何というでしょうか?「spaghetti road」!と、教えて下さった英国人教師がいました。本当?でも納得です!                      中田 和子

閲覧数:30回0件のコメント

関連記事

外国語ボランティアガイド募集

NPO法人アルプス善意通訳協会では2022年度外国語ボランティアガイド会員を募集します。主に松本城を訪れる海外からのお客様を外国語(主に英語)で案内をするボランティア団体です。 現在は英語の他にフランス語、スペイン語、中国語、イタリア語、ポルトガル語のメンバーがいます。入会を希望される方は下記ページの申し込みフォームに必要事項を入力してください。 https://www.npo-alsa.com/

耳寄りなお話(Tantalizing Tidbit) 23「お歯黒と武士の化粧」

四方を海に囲まれた島国の日本は古代から文化の進んだ中国や朝鮮半島との人や物の交流を通して文字、政治の仕組み、法律宗教、衣服、生活様式等、諸々の物を取捨選択しながら吸収してきました。化粧品製法や化粧法も最初は大陸経由でもたらされたと考えられていますが、平安中期になってその化粧法が日本独特の化粧へと変化していきました。その背景には藤原一族の摂関政治が確立して国政が安定し、日本独自の文化が育まれる土壌が

bottom of page