top of page

耳寄りなお話(Tantalizing Tidbit) 17 「コロナ感染と英語」

 今回は現在最も深刻な問題となっているコロナ感染関連へ、とちょっと横道にそれます。  COVID-19関連報道ではwith coronaとかovershootなど、英語で表現されることが多いですが、英語にあまり馴染みのないご高齢の方々は「何のこと?」といぶかる方も多いと聞きます。私が興味を感じたのは「ソーシャルディスタンス」と「ソーシャルディスタンシング」。意味的にどう異なるのかな?と思っていたところ、先日朝日新聞紙上で回答を見つけました(7/12日)。  吉備国際大学名誉教授の新田文輝氏によれば (『』は新田氏の言葉)、『ソーシャルディスタンス (社会的距離)という言葉も広まりました。本来は社会学や心理学で使われる用語で、「人々の間の親密性」を指す言葉です。それがコロナ禍では「感染防止のための距離」の意味で使われたため、「間違っているのでは」という議論も呼びました。そこで最近では、動詞でもあるdistanceにingをつけてソーシャルディスタンシングと呼ぶことで感染防止の「行動」を強調するようになりました。さらに、WHOでは「社会的な関係は維持するべきだ」という考えから、単に物理的な距離を取るという意味で、フィジカルディスタンシング(身体的距離の確保)と言い換えるようになりました。』とのことです。(注:physical distancing・)。  新田氏はまた『長たらしいカタカナ語に比べて、「3密」は簡潔で、日本語ならではの造語』、と指摘しています。ちなみに英語で「3密」は “Three Cs”: Crowded places, enclosed spaces, Close-contact settings。(他の表現もあり)  ABCニュースでは「まさにその通り!」という表現を耳にしました。「The doctor armed in PPE. entered the ICU」. PPEとはpersonal protective equipment, つまり個人用保護具のこと。戦場に向かう兵士のように防護服で武装してICUに向かわなければならないドクターたちのことをよく表現していると思いました。世界の医療従事者達にエールを送りたいものです。 “By keeping apart, we keep others safe”. Easter Messageで国民に語り掛けたQueen Elizabethの一文です。簡潔、明瞭ですね。

閲覧数:30回0件のコメント

関連記事

外国語ボランティアガイド募集

NPO法人アルプス善意通訳協会では2022年度外国語ボランティアガイド会員を募集します。主に松本城を訪れる海外からのお客様を外国語(主に英語)で案内をするボランティア団体です。 現在は英語の他にフランス語、スペイン語、中国語、イタリア語、ポルトガル語のメンバーがいます。入会を希望される方は下記ページの申し込みフォームに必要事項を入力してください。 https://www.npo-alsa.com/

耳寄りなお話(Tantalizing Tidbit) 23「お歯黒と武士の化粧」

四方を海に囲まれた島国の日本は古代から文化の進んだ中国や朝鮮半島との人や物の交流を通して文字、政治の仕組み、法律宗教、衣服、生活様式等、諸々の物を取捨選択しながら吸収してきました。化粧品製法や化粧法も最初は大陸経由でもたらされたと考えられていますが、平安中期になってその化粧法が日本独特の化粧へと変化していきました。その背景には藤原一族の摂関政治が確立して国政が安定し、日本独自の文化が育まれる土壌が

bottom of page