二十六夜神

1.なぜ二十六夜神なのか

関東での二十六夜神が松本に 二十六夜神のにぎわい 月の中に三尊仏の姿が現れるといわれた7月26日の月の出(二十六夜)には、眺めのよい高台 や海辺に人々が集まり、人出をあてこんだ屋台店がたくさん出されている。 三尊仏を拝むことができ ると、この年は無病息災であるという風習があり、大勢の人出があった。 関東の月待ち信仰を松本に持ち込んだのは、戸田家であり、古くから二十六夜神を祀って、藩士 に酒肴をたまわる行事が伝わっていたという。                                    国宝松本城クイズから

以上のように戸田家が関東から、お国替えで松本に入ったとき、お家の繁栄を願い関東にいた頃から行っていた 風習を松本城に定着させたのでしょう。


以下 こちらのサイトを参考にさせていただきました。


1. 元和四年(1618年)正月26日(旧暦)の月は?

 i. 西暦換算 旧暦元和四年(1618年)正月二十六日を西暦に換算すると 1618年2月21日

 

  ii. 1618年2月の月齢カレンダーを確認



1618年2月21日(元和四年正月二十六日)は月齢 25.6 1618年2月22日(元和四年正月二十七日)は月齢 26.6 これらは正午の値なのでこれを案分すると正確には月齢26は 1618年2月22日(元和四年正月二十七日)午前0時12分である。 (こんな突っ込みを入れても詮無い話 だが )


誤差の範囲だと思うので伝説の通り、元和四年正月二十六日が二十六夜とすると


  iii. 月出没時刻・方位


下記の条件を入れ正確に計算し直しました。 2010/3/26)
























条件


i. 元和四年正月二十六日(1618/2/21)

ii. 東経 137.97 北緯 36.24 (松本城の位置)

iii. 標高 592m (本丸庭園)

iv. 仰角 5.5°


結果

i. 月出 4:22分 (月が完全に山の稜線から出た状態)

ii. 月没 12:37

iii. 方位 129 南東(北を 0度として東回りの角度です)

   二十六夜の月は「有明月(ありあけづき)」といって夜明けの空(有明の空)に昇る月。 古くは二十六夜講 などの風習があった。 月出では下の図のような形で上ってくる。 この上に三尊仏が見えれば無病息災で す。





















↑ 天守6階からの眺め(旧暦 1618年1月26日 3時58分)

ということはゲストに説明するとき、今まで「midnight」なんて言ったこともありますが、間違ってますね

時刻的に...いや、それよりも、「月待ち26夜」がもとになっているのですから、26夜神様は月の出の時に現れな ければいけないんでしょうね。 やはり月が昇ったときと正確に言うべきですね。 テキストにも「When the moon rose, a noble lady~」と書いてありますし。


◆ 教えてください BAMBI 2007/7/1


二十六夜神様のところからぶら下がっている菱形の白い紙、なぜ菱形なのか?なぜ白いのか?よく質問され るのですがいつも答えられません。

  この質問に関して「御幣」とか「大麻(おうぬき)」などと複数の返答がありまたが、最終的なものだけ掲載します。   管理人


 ◆ Re:教えてください 北上 2007/7/10


研究専門員に確かめたところ、あれは「注連飾り」であって「御幣」でも「大麻(おうぬき)」でもないとのこと です。 (中略) 以下しめ縄についての説明は ウィキペディアほかからの引用です。

注連縄(しめなわ) 神道における神祭具で、宗教上の意味を持つ紙垂(しで)(質問にある白い紙)をつけた縄をさす。 標縄・七五三縄とも表記する。 現在の神社神道では「社(やしろ)」・神域と現世を隔てる結界の役割を意味する。 また神社の周 り、あるいは神体を縄で囲い、その中を神域としたり、厄や禍を祓う結界の意味もある。 御霊代(み たましろ)・依り代(よりしろ)として神がここに宿っているという印ともされる。 古神道においては、 神域はすなわち常世(とこよ)であり、俗世は現実社会を意味する現世(うつしよ)であり、注連縄 はこの二つの世界の端境や結界を表し、場所によっては禁足地の印ともなっている。 御旅所にも張られ、海の岩礁の内、奇岩とされるものなどにも注連縄が張られ、よく知られるもの として夫婦岩がある。 また日本の正月、家々の門、玄関、出入り口などに飾る注連飾りも、この注 連縄の一形態であり、厄や禍を祓う結界の意味を持ち、大相撲の最高位の大関の中で、選ばれた 特別な力士だけが、締めることを許される横綱も注連縄である。 現在でも雷(稲妻)が落ちた場所 で特に水田などでは青竹で囲い、注連縄をはって、五穀豊穣を願う慣わしが各地で行われてい る。 ウィキペディアより 紙垂 幣帛の一種で、榊の枝や串などに垂らす紙片や布(とくに木綿{ユウ})など。 また注連縄につけたものもこう呼ぶ。 単に垂、また四手とも表記する。 古くは木綿を用いたが、現在は紙片が一般的である。 紙片の断ち型と折り方には、二垂、四垂、八垂などいくつかの形式、さらに流派がある。 代表的な流派としては、伊勢流、白川流、吉田流、がある。 今日では祓具の一部となることが多いが、そのほか、これを注連縄に垂らして神域や祭場などに 用いた場合は、聖域を示す象徴となる。 相撲の横綱は土俵入りの際、紙垂のついた注連縄を化粧まわしの上につける。 (井上順孝) ◎神道事典(國學院大學日本文化研究所編 平成六年刊)より