耳寄りなお話 2

家紋のお話の続きです。紋章「五七の桐」は現在首相の記者会見の演台に日本政府のシンボルとしてついていることをご存知ですか?
桐は鳳凰の宿る木とされ、菊と同じように天皇家の家紋として使われていたと言われています。やがて足利尊氏や豊臣秀吉が天皇家の許しを受けて使うようになり、政権の正統性を示すものという認識が広まりました。明治初期には政府高官が着る礼服や勲章の一部にデザインされ、現在では晩さん会の招待状や表彰状などにデザインされています。首相の着る防災服、五百円硬貨やパスポートにも見ることができます。
 

Please reload