III. 天守一階・二階



いよいよ天守一階です。 たくさんの柱があります。 そして母屋部分(中央部分)が高くなっています。 高くなっている部分の 下に16本の柱があります。 高くなっているのはたくさんの柱の荷重を16本の支持柱に伝えるため、地中梁が組まれている ためです。

そしてこの階では石落としを、場内から確認できます。


武者走り

天守の各層のいちばん外側を廻っている通路を「武者走り」と呼びます。 低くなっているからそう呼ぶわけではありませ ん。 上述したようにこの部分が低くなっているわけではなく、母屋部分が高くなっているのです。 そして外側の柱が天守台石垣に沿って建てられているため、内側に湾曲しています。

  

天守台(石垣の形状)

松本城天守創建当時の技術では天守台上面を設計図通りに正矩形(せいくけい)に造 ることは出来ませんでした。 どうしても、規格化した切石を使用していないため内側に 湾曲して積まれ天守台上面が不定形になりやすかった。 姫路城も犬山城も彦根城の天 守台上面は不定形です。 松本城天守の天守台は「糸巻き形」といわれ、中側に湾曲して積まれています。 したがって1階の武者走(廊下)部分はこのアバウトな部分を吸収する役目を果たして いる。 松本城大天守は武者走の内側に正矩形の母屋(もや)(身舎・・これが3・4階の広さ) が造られている。



土壁


昭和の大修理の時保存された、創建当時の壁の一部です。 外側にある部分は明治の修理の際、上塗りされた部分で す。 右側の写真は金沢城の土壁の構造模型です。


関連記事:壁ほか





雌雄について

松本城の公式見解は、 南、東側にあるもの(口を開いている阿吽の阿)が雄 北、西にあるもの(口を閉じている阿吽の吽)が雌

だと理解しています。 実はこの話、数年前に元会員の方がネットで調査しました。 結果は鯱も含め、仁王像、狛犬 などに見られるように口をあいたものと閉じたものが一対になっており、「阿吽」を表しているというのは共通してい るのですが、雌雄になるとその区別をしていない、松本城の見解とは逆など統一性がなく、よくわからない...という より雌雄という概念が元からあったものではなく後からのものなので、ばらばらになったのではないかと思われます。


参考サイト

EEKの紀行 春夏秋冬

姫路城英語ガイドのひとりごと


残った支柱

支持柱



天守を支えた16本の支持柱。 土台支持柱の長さは5mの栂材でした。

昭和の大修理の時発見された支持柱の一部。 これが見つかったため、支持柱の存在が明らかになりました。 天守 は17世紀前半から傾き始めたと言われています。 理由はこの柱が朽ちて天守の荷重で地盤が不等沈下したため です。 よく倒壊したかったですね。


関連記事:軟弱地盤


大修理

 明治の大修理


写真のように傾き荒廃したお城を小林有也先生の尽力により、1903年から1913年、途中日露戦争のため5 年間中断しまして5年の歳月をかけて行われました、 詳細は下のリンクからどうぞ。



関連記事:松本城天守閣は傾いていたのか?










昭和の大修理


この修理が一番大規模なもので、精査しながら石垣を含めすべて解体して、使用可能な部材 はそのまま使い、修理または交換が必要な部材は、創建当初と同じ材料を使い、同じ工法で 加工され、解体前と同様に戻しました。










以下はゲストに突っ込みを入れられた場合、話すようにしていますが、 「建築基準法」「消防法」により一般の人に開放する場合は、部分的な補強、消火設備の設置が義務づけられ ました。

  • 主な箇所 16本の支持柱はコンクリートパイルに

  • 壁の中には鋼製の筋交いが埋め込まれた

  • 消火設備の設置


関連記事:大修理


破風飾り

 懸魚


入母屋破風、千鳥破風を飾っていた懸魚です。 本来懸魚の役目は、破風板拝みの後方にある棟木の先端を隠す ためであり、そのため桁隠しともいっていました。



















右の写真を見てください。 黒い汚れみたいなものがたくさん見えると思います。 これは小さな釘です。 (錆びて曲 がっているのであんな風になっています。 )破風の写真を見ていただけると、懸魚も漆喰で塗り固められています。 普通にこの板に漆喰を塗ってもすぐにはがれ落ちてしまうので、釘を打って細い縄を巻き付け、その上から漆喰を 乗せるのです。 言い換えると表面に凹凸を作って漆喰がはがれにくくするためです。


関連記事:破風





コーヒーブレイク



このお城には抜け道はあるのですか 昭和の大修理の時、松本城研究専門員の方々が?詳しく調べましたが、世に言われている「抜け道」は 発見されませんでした。 従って城山の方へ抜けられたという抜け道説は実証されませんでした。






天守二階


鉄砲蔵

 松本城の鉄砲

現在展示されている鉄砲は本物ですが、松本城に備えられていたものではありません。 文化12年(1815)松本藩は火縄銃を927丁所有していたと記録があります。


関連記事:天守二階 鉄砲蔵


早合


早合は火薬と玉が一緒になったカートリッジです。 実物は辰見付櫓のケースの中にあります。 火縄銃は早合を使うと、一分間に4回、早い人は、6回撃てるそうです。