top of page

耳寄りなお話(Tantalizing Tidbit) 16 「武器の英単語いろいろ」

 天守1階は2間×3間の4つの部屋に分かれ、弾薬などの倉庫として使用されていたということですが、今回は弾薬・武器等に関する英語を見てみましょう。  弾薬はammunition と言い、銃弾(bullets), 砲弾(shells) , gun powder, cartridgesなどの発射される武器(火を放つ武器)を指します。  Armは「腕」ですが、armsと複数形になると戦争用の武器、つまり爆弾や銃などの火器系統の武器を指します。特に銃火器はfirearms (guns, muskets, riflesなど)と呼ばれます。武器弾薬はarms and ammunitionとなります。  Armsの類語にweaponsがありますが、weaponsは刀剣 (bladed weapons)、銃、ミサイル(missiles)にまでわたる戦闘で用いられるような殺傷能力のある「武器全般」を指し, 一国が所有する全ての武器はweaponry といいます。  核兵器はnuclear arms、nuclear weaponsですが、広島に投爆された「原子爆弾」はatomic bomb (一般的にはA-bombと言う) です。当時は核兵器と言えばatomic bombしかありませんでした。その後hydrogen bomb (水素爆弾)、neutron bomb (中性子爆弾) が登場します。  weaponsは攻撃用、防御用に作られたものでなくても、例えば単なる「瓶」でさえ使い方に依ってはweaponになりえるという特徴を持った単語です。ちなみに核兵器に対して通常兵器はconventional weaponsといいます。  Armoryは「武器庫」、「兵器庫」を意味し、arsenalともいわれます。松本城の1階の説明は “This floor was used as an armory for ammunition and firearms”と説明するとわかり易いです。  ここで面白い表現を一つ。alarm(警報)は “To the arms” (武器を取れ!) の詰まった形なのです。ちょっと想像できませんね。  Armsと言えばHemingwayが第1次世界大戦時のイタリア戦線従軍記者体験をもとに1929年に発表した小説 “A Farewell to Arms” (武器よさらば) が有名ですが、いまだにfarewellできていない現実が悲しいです。世界がarmament(武装化)ではなく, disarmament (軍縮)の方向へ向かってほしいと願わずにはいられません。 

閲覧数:241回0件のコメント

関連記事

外国語ボランティアガイド募集

NPO法人アルプス善意通訳協会では2022年度外国語ボランティアガイド会員を募集します。主に松本城を訪れる海外からのお客様を外国語(主に英語)で案内をするボランティア団体です。 現在は英語の他にフランス語、スペイン語、中国語、イタリア語、ポルトガル語のメンバーがいます。入会を希望される方は下記ページの申し込みフォームに必要事項を入力してください。 https://www.npo-alsa.com/

耳寄りなお話(Tantalizing Tidbit) 23「お歯黒と武士の化粧」

四方を海に囲まれた島国の日本は古代から文化の進んだ中国や朝鮮半島との人や物の交流を通して文字、政治の仕組み、法律宗教、衣服、生活様式等、諸々の物を取捨選択しながら吸収してきました。化粧品製法や化粧法も最初は大陸経由でもたらされたと考えられていますが、平安中期になってその化粧法が日本独特の化粧へと変化していきました。その背景には藤原一族の摂関政治が確立して国政が安定し、日本独自の文化が育まれる土壌が

bottom of page